二次包装をきれいに高い信頼性で接着する必要がある場合は、VisionホットメルトアプリケーターとPerforma加熱ホースが最終パッケージングラインの理想的なシステムソリューションです。イタリアにあるコーヒーの焙煎、ブレンドコーヒーやコーヒーの自販機向け製品のメーカー、Caffè IZZO社を訪ねました。動画では接着プロセスをどれだけスマートにすることができるかを紹介しています。
幅狭、スピーディーで高精度:それがVivo 18。Vivo 18では、糊付けされていない引き剥がし用ストリップを貼り付けることが、段ボールの梱包材に接着剤を直接塗布することにより初めて可能になり、粘着ストリップを低コストで生産できるようになりました。
コーティングヘッドVivo 18、サスペンションシステム付き
2022年3月15日から17日までミュンヘンで開催される見本市「CCE International」に訪問してライブで体験するか、ロバテック・ソリューションズ・ショーケースでバーチャルに体験するか、あるいは両方とも選ぶこともできます。引き剥がし用離型紙や粘着離型紙を郵送用梱包材に正確に貼り付けたり、オンデマンド・パッケージングを確実に接着する方法など、eコマース向け接着剤塗布ソリューションをご紹介します。
eコマース用接着剤塗布
接着プロセスにおけるエネルギー効率の向上、システムコンポーネントのすばやいメンテナンス、パッケージングラインの作業員の負担を軽減する最新の操作コンセプト。新しいVisionホットメルトアプリケーターは、イタリアの機械メーカー、IMACH SRL Innovative Packaging Solutionsの製品哲学に完璧に合っています。IMACHが世界で最初のVisionを注文したのも不思議ではありません。これらのロバテック製品の採用によって、IMACH社の顧客Caffè IZZOは、二次包装の接着で最適な接着剤塗布品質を実現し、非常に快適に操作ができて、大いにメリットを得ています。
マッシモ・ディパオロ(IMACH)、マルコ・ディトゥーリオ(ロバテック)、ヴィ ヴィアナ・イッツォ(Caffè IZZO)
Fen-Tech Industries社ではロバテックの接着剤塗布システムを使って、同社のeコマース用宅配袋製造機械の信頼性と持続性を向上させました。デリック・フィーナー社長が高品質の接着剤塗布が重要である理由、ロバテックのシステムで気に入っている点について語ります。