DUERO – マットレス製造用の頑丈なマルチビード塗布ヘッド

「Duero」の名は、「duro」(堅牢)と「durable」(耐久性に優れた)に由来していて、その名の通り頑丈で耐久性に優れています。この電空式マルチビード塗布ヘッドは、マットレス製造のオートメーションの要件に合うよう特別に開発されました。この吐出ヘッドを使えば、マットレスの大枠も、マットレスのコアの広い面も高い信頼性と効率で接着できます。

2つの吐出部分が2面に取り付けられたバージョンのDuero

DUEROのメリット一覧

  • 堅牢な構造で複雑なタスクに対応
  • マットレスのジャストインタイム生産に最適
  • 縦または横向きに同じ塗布ヘッドで効率的に大枠接着
  • 大容量の吐出部分がポケットコイルスプリングまたはスポンジ製のマットレスコアの高品質接着を実現
  • お客様のアプリケーションに最適なマルチ塗布ヘッド:様々なビード間隔とノズル径のモデルから選択できます
  • PLC(24 VDC接続)から制御、またはロバテック製ホットメルトアプリケーターの内蔵塗布コントローラーを使用

どんな方向転換もDUEROなら問題ありません!

塗布ヘッドは前後、縦および横向きに繰り返し動きます。そして毎回、方向転換の際に小さく動きます。マットレスの自動製造 リンク において、接着剤の筋を塗布する際は、マルチビード塗布ヘッドに大きな力の負荷がかかります。Dueroなら問題ありません。この吐出ヘッドは、そうしたラフな環境条件に対応するよう特別に開発されました。実証済みの堅牢なコンポーネントは、長寿命で低メンテナンスなので、均一で信頼性の高い接着を実現します

マルチビードでマットレスの効率的な大枠接着

マットレスの大枠の接着用に接着剤塗布をオートメーション化したいとお考えの場合は…マルチビード塗布ヘッドDueroを使って、マットレスの基礎に接着剤を縦および横の筋に塗布します。そのために、吐出部分は塗布ヘッドの両面に取り付けられ、個別に制御されます。したがって、塗布ヘッドは縦向きにも横向きにも使用できます

大枠の接着では、十分な接着剤を塗布した場合のみ高品質の接着を達成できます。オープンタイムは、接着剤が周りに完全に塗布されるまでかかります。完全に塗布された後で初めて側面のクッションを取り付けることができます。0.5 mm~2.00 mmのノズル径でDueroは十分に接着剤を塗布し、強力な接着を実現します。

サイドパッドは接着剤の筋に置かれます

サイドパッドを使った大枠の接着

マットレスコアを高い信頼性で接着するためのマルチビード塗布

マットレスコア用の接着剤の塗布を、大枠の接着と同じようにオートメーション化したいとお考えの場合は…ポケットコイルスプリングでもスポンジ製でも、直線または波状のビードの筋で、マットレスのコアを高い信頼性で素早く接着できます。マルチビード塗布は、オープンタイムが長く、マットレスの各層がよい状態に保たれるのがメリットです。適切なノズル径を選択することで、接着剤が適量になります。

DUERO:さまざまな顔を持つ塗布ヘッド

接着剤パターンはどんな感じですか?どのような材料を接着するつもりですか?接着剤の分量はどのくらいになりますか?これらの質問に答えることで、お客様にはDueroマルチ塗布ヘッドのどのバージョンが合うかがわかります。Dueroでは豊富な種類をお客様に提供しています。

Dueroのさまざまなモデル

Dueroのモデルとして考えられる例

塗布ヘッドには、最大で4つの吐出部分を固定できます。これらは大きな流量向けに設計されています。1つの吐出部分は同時に最大6つのノズルに液体のホットメルト接着剤を供給します。吐出部分は、塗布に関連して自動でオン/オフされます。そのため、マットレスのジャストインタイム生産には最適な装備です。ノズルの径の選択によって、接着剤の塗布量を決定することになります。

Dueroでは、優れたコストパフォーマンスで大きな接着剤の流量を実現するマルチビード塗布を提供しています。どれだけ多くのビードを必要とするか、ビードはどのくらいの厚さか、そして塗布間隔をどうするかを教えてください。当社社員がお客様からのご相談でどのモデルが考えられるかを説明させていただきます。

Downloads

詳細な技術情報はこちら

ヘルプいたしましょうか。

追加の情報が必要ですか。すぐにご連絡ください。接着アプリケーションの専門家がご質問にお答えします。