ストレッチフィルムを75 %削減

2020年にSwissmill社は、自社のオートムギ・籾すり機で、パレット安定化「AntiSlipグルーイング(滑り止め接着)」に切り替えることに決定しました。これによって、持続可能性を向上させ、パッケージングラインの最後で大幅に時間を節約できるようになりました。

News-Swissmill

毎日、Swissmill社のオートムギ・籾すり機は、段ボール箱がまとめられたパレットを25個から30個、物流会社に引き渡しています。以前はすべてのパレットを完全にプラスチックホイルで安定化させていました。現在では、鉄道で輸送する場合にのみパレットを包装しています。輸送が安定するには、半分包装するだけで十分です。

オートムギ・籾すり機部門のエルヴィン・ヴァルドフォーゲル部長が、環境にやさしいロバテックのパレット安定化ソリューションをすばやく簡単にテストでき、どのようなハードルをうまく乗り越えたか、そして全自動の接着剤塗布からSwissmill社がどれだけメリットを得られたかについては、サクセスストーリーをお読みください。

この記事を共有する

プレスキットをダウンロード

  • プレスリリース (PDF)
  • 画像
ダウンロード