INTERPACK/DRUPA:ロバテック社が2021年の参加を取りやめ

接着剤塗布ソリューションのロバテック社が、2021年2月と4月にそれぞれ開催されるパッケージング見本市「interpack」と印刷メディア見本市「drupa」への出展を取りやめることになりました。新型コロナウイルス(Covid-19)による事情を鑑み、ロバテック社は見本市訪問者および従業員の健康を最優先とし、出展取りやめを決定することで責任ある行動をとっていきます。それと同時に新しいコミュニケーション経路を通じて新製品の発表を業界に向けライブで体験できるような形を提供していく予定です。

保護措置や衛生規則があっても、見本市訪問に関連して関係者の健康のリスクは存在するというのがロバテック社の見解です。しかも、見本市への視察旅行には困難な条件が伴い、見本市での体験も制限によって大きな影響を受けることになります。ロバテック社は2021年の3月と5月に開催されるCCE、interzum、LIGNAの各見本市にも会場への出展は行わない予定ですが、デジタルフォーマットでの参加は前向きに考えております。

パッケージング、印刷、木工およびマットレス産業向けの新製品は、2021年に予定通り世界中で発表する予定です。分散型のデジタルフォーマットによって、顧客の皆様は、ホットメルトおよびコールドグルーの工業的な接着剤塗布用の革新的な製品をまったく新しい方法でライブ体験でき、ロバテック社の専門家とじかに連絡をとることができるようになります。